読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ感想&考察日記

このブログは今季やっているアニメや過去放送されたアニメの感想や考察等を淡々と綴る、アニメオタク達とのコミュニケーションツールです。

『ステラのまほう』 第11話 概要&感想:たまちゃんとはーちゃんのコンビが最高すぎる!!【ネタバレ注意】

ステラのまほう第11話を視聴しましたのでその概要&感想です。

 

 

この回は何といっても、たまちゃんとはーちゃんが仲良くなってきてる様子

ハッキリと描かれていて、観ながらずっとニヤニヤしてしまいましたよ!

素晴らしい・・・もっとやれ・・・でももうすぐ終わり・・・早すぎへんか?

 

飯野さんがはーちゃんと姉妹だということにはビックリしてしまいました!

まあ、気づけても良かったのでしょうが、日常系なので頭を空っぽにして

ほわほわと観ていたので、全く気づけませんでした笑

 

 

しかし、飯野家の迎えの車がやばすぎる!!と思ったら

やっぱり家も広すぎ!!

家の敷地が俯瞰で映ってるシーン、もうたまちゃんと関先輩が豆粒みたいだったもんね、

まさかこんな凄い家のお嬢さんだとは。

 

 

飯野さんのお姉ちゃんらしさ、というか厳しさは結構ビックリしましたね。

 

厳しい口調ではーちゃんを叱って、しかも関先輩にまで言い返すことが出来るとは・・・

そこまで言わんでも・・・なんて思っちゃいましたが、

あれがあの家の娘としての自覚というやつ何でしょうかね。

 

 

で、テル先輩の出番、意外と多くて嬉しいです!!

出て来る度にテル先輩の株が上がってる感じありますね。

声も可愛いし、個人的には「たまたまちゃん」っていう呼び方が

ものすごく好きですwwwえへへへwwww

 

あれ?もしかして僕いま、気持ち悪いです?

 

 

そんで、その後はーちゃんがたまちゃんのとこまで来てた!!

っていうのと、たまちゃんにお礼を言ってるとことか、

和みましたね。

 

 

「はーちゃんは基本たまちゃんに突っかかってくる、ライバルキャラなのかな?」

と思っていたらかなりいいコンビになってきてて今回の話で、

 

「作中のベストコンビはこの二人なのでは・・・?」

と、ゆみねちゃんに申し訳ない考えまで浮かんでしまいました。

 

んで、結局はーちゃん、泊まるんだ、っていう。

本当に家のこと大丈夫なんかな・・・笑

んで、テル先輩も泊まるのかよ、っていう。

 

 

 

今回の話はたまちゃんとはーちゃんの関係性がいい感じになっていってるのが、

とりあえず良かった!

ステラのまほうらしく、日常系なんだけど、シリアスもしっかり入れて来る、

そんなスタイルの中で、シリアスありきの和み要素が本当に強烈で、

観終わったときにはシリアスなシーンでの不安なんて吹き飛んでて、

和やかな気分のみが残っている、素晴らしい話のバランスでしたね。

 

次回、夏コミ参加でしょうか。期待。

『灼熱の卓球娘』 第11話 概要&感想:こより達は全国に向けいざ合宿に!【ネタバレ注意】

 

卓球娘の第11話!皆さんはもう観ましたか?!

 

前回までは百舌鳥山中学との練習試合の回がしばらく続いていたので、
熱い卓球バトルが見所の感じでしたが、
今回は久々にほっこりとする回でしたね!


僕的にはこよりとあがりの絡みが沢山あるだけでもう万々歳という感じですわ・・・

 

今回はOPのサビ前の予告映像的なのは流れませんでしたね、
これもなんか久々だったので
「あれ、もうサビ入るの?」って感じでしたよ、普通なんですけどね。笑

 

んで、新キャラ登場ですよ。くまみちゃん。
卓球娘の残りの話数ってもう結構少ないですけど、
くまみちゃんまだ出て来るチャンスあるんですかね・・・?


まあ、もしかしたらくまみちゃんの学校と対決する地区予選の話までいく可能性はありますが、
次回も合宿回みたいなので尺的には厳しいかな?というか後2話で合ってます?

 

というか、本当に個性が強い(というか頭がちょっとおかしい)キャラが多いですよね、
くまみちゃんも腹話術というよりなんか二重人格的な印象を受けます、
実質そんな感じですよね笑
まあ、全然構わないんですけどね、結局全員可愛いんで。

 

こより達の合宿は5日間。
今回の合宿の話でのメインテーマはやはり、

あがりが決定力をつけられるかどうか、

でしょうね!そのためなら厳しい練習も耐え・・・


って、1日目の練習メニューに
「ムネムネのおっぱいタイム♪」

ってあるんですけどこれも決定力増強に繋がるだろうか・・・。


あがりが別にいいなら代わりに参加させて貰いたいくらいだね、そこだけ。

 

あ、そういやいつも次回予告で使われている劇伴が練習のシーンの時に使われてませんでした?楽器的にそんな感じだった覚えがあるんですけれど。

 

あ、あと最後に!今回の最後の止め絵、こよりとあがりの2ショット、
やっぱりあのペア・・・最高やで・・・・・・

 

次回、あがりが決定力をつけるためにどのような解決法を生み出すのか、
また、あがりのツンデレは炸裂するのか・・・
来週をまた楽しみに生きていきます!!

 

『Occultic;Nice - オカルティック・ナイン-』 10話概要&感想 【ネタバレ注意!】

 

 

 

閲覧ありがとうございます!

ここ数話、張られていた伏線の回収や新たな伏線、意味ありげな映像演出によって大きく盛り上がっているオカルティック・ナインの10話の概要&感想です。

今回の話を踏まえた考察については別の記事にて行います。

 

f:id:asitanohitoiki:20161211163826p:plain

 

今回はアバンから出てきましたね。人の沢山いる街の中で何かをお祓いしていると思ったら・・・

 

f:id:asitanohitoiki:20161211164047p:plain

霊体が除霊された?!

 

 

f:id:asitanohitoiki:20161211164557p:plain

ゾン子=りょーたす!!

がもたんの言う、「ゾン子」「りょーたす」は全くの同一人物であるということがりょーたすの口からハッキリと語られましたね。

もっと前の話からこの事実に気づいていた人は多いのではないでしょうか。その想像が出来るだけの描写は沢山ありましたから。

そして、りょーたすは橋上教授が研究していた事柄に大きく関わる、あの「テスラ」の娘であるというのです。

りょーたすの本名は「アベリーヌ・成沢・テスラ」。

テスラは20世紀の学者で、テスラの娘としては当然もう死んでしまっているが、「成沢稜歌(なるさわりょうか)」の体を借りて存在しているのだと言う。

 

 

f:id:asitanohitoiki:20161211164958p:plain

そして以前からりょーたすが使っているこの銃。

この銃に関する重要な会議が謎の組織の間で行われましたね。

 

f:id:asitanohitoiki:20161211165713p:plain

この銃の名前は「オーデンクリフガン」。

は小さな帯電微粒子であって、いつかは消えてしまうはずの霊体に「充電」し、永遠にそのまま存在し続けることが出来る、というアイテムなわけです。

 

しかし、この銃だけでは電磁照射(ビーム)を大きな力で照射することは出来ず、最大出力にするために例の鍵が必要となってくるらしい。

 

組織はこの鍵を紛失してしまったと焦っており、捜索に乗り出す意向であることが明らかにされました。

 

 

 

 

f:id:asitanohitoiki:20161211170622p:plain

この子も出てきましたね。ブルームーンに向かう最中のタクシーでの1シーンです。

しかし、タクシーの運転手によるとブルームーンは二年前に潰れているのだという。

 

ますますあのマスターの正体が気になるところですね。

 

f:id:asitanohitoiki:20161211170851p:plain

そしてシーンはブルームーンでの三人の会話に。

みゅーぽむの占い時に言う「当たるも八卦(はっけ)、当たらぬも八卦」という言葉にヒントを得たサライが、256人の『コード』に隠された意味を解き明かしました。

 

コードを解読すると、256人それぞれの通院記録が分かる、というのです。

 

その人の通院したことのある病院、その病院で治療された病気の名前が読み取ることが出来、最後に「αSc(アルファエスシー)」という文字。

 

この文字は少なくともサライ・みゅーぽむ・澄風の三人全員に共通するワードであり、

Scは化学記号でスカンジウム

 

どうやら病院でスカンジウムを投与された、ということらしい。

そしてコードに書かれていた病院は皆、同一のグループ内の病院であり、

 

そのグループを創立したのは成沢家である、という事実が判明した。

その創立者の孫こそが・・・

 

f:id:asitanohitoiki:20161211171950p:plain

『成沢稜歌』。

 

--------------

 

ブルームーンにがもたんとりょーたすがブルームーンに入ってきた所でエンディングですが、今回はCパートもありましたね。

 

f:id:asitanohitoiki:20161211172234p:plain

死体留置所から西園りりかの遺体が消えている?!

 

遺体は何処に消えてしまったのか。

次回以降のお楽しみですね。

 

 

 

-------

【感想】

今回も沢山の伏線回収がありましたね、皆さん!

そしてそれと同時にまた張られる伏線・・・深まる謎・・・

解けていく謎があり、増える謎があり、深まる謎がある。

オカルティックナインはしっかり考えながら観ていかないと、いつの間にか放っていかれてしまいそうですね笑

 

僕も色々考えながら観たり、観た後色々考察してみたりしてるんですけど、

それでも意外な展開が沢山あって、驚きがあって、本当にワクワクしますね!

 

オカルティックナインは前々から独特な演出が結構多かったですけど、

今回の話はワンシーンワンシーンの構図が特徴的でしたね。

オカルティック・ナインらしいといえばらしい演出でした。

 

 

話の細かい点については考察記事で語るとして、

初めて書いたアニメの概要記事が予想以上に時間が掛かってしまい疲れてしまったので、

感想は以上にして今回はここまでにしたいと思います!

 

概要と感想はまた別にした方がいいかもしれませんね・・・検討します。

 

それでは、閲覧ありがとうございました。